笹野一刀彫 のぞき鷹(おたか三兄弟)

※店舗でもお取扱いしている1点物のため、店舗のお客様が先に購入され売切れになる場合がございます。ご了承下さい。
※1体ずつの販売です。
※在庫が2体以上ある場合はお選び頂けます。必ず備考欄に希望(「写真右の、左に傾いているもの」など)をご記入ください。

■サイズ:約 高さ20cm×直径5.5cm

曲がった木から生まれた、大変貴重で愛らしい表情の「のぞき鷹」。

のぞきこむような姿勢がなんとも愛らしい、山形の伝統工芸品「お鷹ぽっぽ」。お鷹ぽっぽは、ほとんどのものが真っ直ぐにそびえ立っているものが多いのですが、このように曲がった木を使用したものは大変少ないです。

お鷹ぽっぽは、コシアブラ(木の芽は春の山菜として食されることで有名)の丸木を、サルキリという1本の刀だけを使って削りあげて完成します。この技法を笹野一刀彫と呼び、山形県米沢市で作られる木彫玩具として親しまれてきました。お鷹ぽっぽとは魔除けや五穀豊穣、禄高を増す縁起物として、山形では今でもよく各家庭で見かけられます。

ちなみにこの「のぞき鷹」を製作したのは、米沢市で笹野一刀彫の文化を継承しながら、よりたくさんの人にその素晴らしさを広めつつ、地元の活性化を支える若者3人組「おたか三兄弟」。古くからの文化を継承する若手職人の、確かな技術にもぜひご注目ください。
購入数
Soldout