岩城人形店の山形張り子(まり猫)

※店舗でもお取扱いしている1点物のため、店舗のお客様が先に購入され売切れになる場合がございます。
※1体ずつの販売です。
※在庫数以上の数量をご入用のお客様は、お手数ですが店舗にお問い合わせください。手配が可能な場合がございます。
※手作りのため、1体ずつ若干の違いがございます。ご了承ください。

■サイズ:約 高さ12cm×横5.5cm
■カラー:赤 / 青

半纏(はんてん)を着たうさぎが玉乗りをしている、可愛らしい張り子。パッと左右に腕を広げているような様子は、「ハイっ!」と芸を披露しているよう。うさぎは古来から縁起物として親しまれてきた動物。前へピョンピョンと飛ぶことから、前向きに物事に向かう姿勢や飛躍するという願い、どんな険しい山道でも、力強く軽やかに登っていく様から、良い方向にトントン拍子に進みますように、という願いも込められているとか。また、子供をたくさん産む動物であることから、子孫繁栄を願う時にも。仕事、家庭の繁栄の意味もあり、様々なお祝いごとの贈り物にもおすすめです。


<山形張り子・岩城人形店>
京都から山形へ移り住んだ渋江長四郎さんが「渋江人形」と呼ばれる練り物で作り始めた「山形張子」。その渋江人形も一度廃絶したかに思われましたが、弟子として約30年に渡って修行していた岩城徳次郎さんが「岩城人形店」を開き、「山形張子」として技術を継承しました。現在は徳次郎さんのひ孫にあたる勇二さんが後を継ぎ、作られ続けています。
購入数
Soldout