岩城人形店の山形張り子(だるま)

※店舗でもお取扱いしている1点物のため、店舗のお客様が先に購入され売切れになる場合がございます。
※1体ずつの販売です。
※手作りのため、写真と若干表情などが異なる場合がございます。ご了承ください。

■サイズ:約 高さ5.5cm×直径4cm

なんとも言えない表情が見ている側を和ませる、手のひらサイズの可愛らしいだるま。1つ1つの表情が違うのも、手作りならではの魅力です。おうちに置いておくと、なんだか良いことがありそうな。大変なことがあっても、なんだか乗り越えられそうな。そばに置いておくだけで不思議と安心感と親しみを感じずにはいられません。「そうか、そんなことがあったのか、よく頑張ったじゃないか」と、話を聞いてくれているかのような表情が魅力的です。

<山形張り子・岩城人形店>
京都から山形へ移り住んだ渋江長四郎さんが「渋江人形」と呼ばれる練り物で作り始めた「山形張子」。その渋江人形も一度廃絶したかに思われましたが、弟子として約30年に渡って修行していた岩城徳次郎さんが「岩城人形店」を開き、「山形張子」として技術を継承しました。現在は徳次郎さんのひ孫にあたる勇二さんが後を継ぎ、作られ続けています。
購入数
Soldout