ディフューザーにもなる白木のお鷹ぽっぽ / おたか三兄弟

■サイズ:3号(高さ約5cm)、5号(高さ約9cm)、7号(高さ約13cm)
※卓上サイズのため、土台部分の高さが通常より低く、倒れにくくなっています。
※ 3号サイズのみ、正面・右向き・左向きの3種類ございます(顔の向きが違います)。5号と7号は正面のみです。
■木の素材:コシアブラ(天然素材のため、木目などに個体差があります)

癒しを与えるお鷹ぽっぽ

アタマの上にお好きな香りのアロマオイルを1、2滴垂らし、空間を優しく香らせるディフューザーにもなるお鷹ぽっぽ。確かな伝統技術を持つ工芸品でありながら、その見た目と使用用途で、心も癒してくれます。別売のyesのアロマオイルと一緒にギフトにすることもできます。

もちろんそのままシンプルに飾っていただいてもOK。色を塗ったり、オリジナルで絵付けをしてみても楽しいです。大人の方でも夢中になる楽しさですし、小さなお子様なら成長の思い出の品にもなるでしょう。絵が好きな方に贈れば、楽しいアクティビティのプレゼントに。山形の伝統工芸を身近に触れていただける一品です。

=笹野一刀彫とおたか三兄弟=
山形の伝統工芸品である「お鷹ぽっぽ」。コシアブラ(木の芽は春の山菜として食されることで有名)の丸木を、サルキリという1本の刀だけを使って削りあげて完成します。この技法を笹野一刀彫と呼び、山形県米沢市で作られる木彫玩具として親しまれてきました。今では魔除けや五穀豊穣、禄高を増す縁起物として、山形では今でも各家庭にひとつは飾られているほど身近な工芸品です。

ちなみにこちらのお鷹ぽっぽは、米沢市笹野竹でこの伝統を継承しながら、よりたくさんの人にその素晴らしさを広め、地元の活性化を支える若い工人3人組「おたか三兄弟」が製作しています。伝統的な鷹をはじめ、オリジナリティあふれるユーモアな作品づくりもおこない、お鷹ぽっぽをよく知る人から、全く知らない人にも知ってもらうきっかけになるようなアプローチも欠かしません。古くからの文化を継承する若手職人の、確かな技術にもご注目ください。
販売価格
1,265円(税込) 〜
購入数
3号(正面向き)
3号(右向き)1,265円(税込)
在庫なし
3号(左向き)1,265円(税込)
在庫なし
5号
7号